2021-05-18 
Main Menu |  トップ最新情報プレゼン−Iプレゼン−IIサービス会社情報 | お問合せ  |
Theme : 継続的に進化する新しい本「チーム改革のスイッチ」 ( 1/6 )

アナログとデジタルを融合させたアジャイルな出版
Go to Next Page
 実用書は本が発刊された時点で、すでに過去の話であり、時代の進歩からは取り残されています。特にIT系では、この傾向が顕著です。日進月歩で進化するITの考え方や、技術、手法論まで広範な事象がこのように激しく変化しています。この様な環境下で本にまとめて出版するという意味、意義は何でしょうか?
 
 チョット口悪い表現を借りれば、過去の話、いわば死亡報告書を読者は読ませれることになります。読者の皆さんが必要と感じているのは今日現在抱えている課題、問題に今日現在の技術や手法、考え方など、何か参考にならないか?という問いかけでは無いでしょうか?
 
 そういった意味で実用書籍の出版は時間と変化へ対応の挑戦となります。
 
 私たちはこの課題を解くべくアジャイルな考え方を導入した新たな出版の形式を模索してきました。この本のアナログとデジタルを融合させた出版は、その課題に対する一つの回答です。まだ他にもっと良い(ベターな)方法があるかもしれません。

 ぜひ手に取ってご一読いただきたいと思います。皆様にこの本の価値を解りやすく興味を持っていただけるように、推薦者の言葉を本の中から抜粋して掲示いたします。
参考情報 => 推薦者の言葉

 
Copyright (C) 2006 株式会社戦略スタッフ・サービス ALL Rights Reserved.